奄美三線と沖縄三線の違い

奄美三線と沖縄三線の違い

奄美三線と沖縄三線を並べてみました。見た目の違いが分かりますか?

こうして並べると、柄も同じの人口張りのお馴染みの南の島の三線です。

弦の違い

一目見て奄美三線と沖縄三線、それと判る違いがあります。

それは弦ですね。

色の違いが判りますか?右側の沖縄三線は白い弦、左側の奄美三線は黄色い弦。

色の違いだけではなく、弦の太さが違う為に奏でる音は奄美三線は哀愁のある高い音が鳴り、沖縄弦は暖かい音色が響き渡る感じなどと表現されるかもしれません。

あくまでも、それは私の表現なので、皆さんの沖縄三線と奄美三線の違いは是非ご自身で感じてください。

島唄のルーツは、奄美大島がこれまでたどってきた、波乱にまみれた歴史の中で、貧しく苦しい暮らしを強いられた、島民の心の声です、沖縄のそれとは違った三線が生まれたのは必然かとも思うのです。

 

太鼓の違い

これは三線を演奏するひとにしか判らない違いなのですが、太鼓が違います。

沖縄三線でいう、胴、チーガの部分に貼る見た目は全く同じヘビ柄の皮の強さが、違います。沖縄三線と奄美三線を同時に見比べる機会があれば、指先で弾いてみたり押してみて下さい。

奄美三線は高い音を出す為に強く、きつく張られるという訳です。

余談になりますが、胴に張られる素材も奄美三線の場合は、高級な竿の三線でも人工のプリント皮が使われることが多いです。細長いバチを胴に叩きつける音も、あるいは良しとされる奏法が奄美三線なので、本皮を張った三線では、長く持たずに破れてしまう、などといわれます。

何よりも演奏する場所が変わって来たということも、本皮張りの奄美三線をそれほど見かけなくなった理由の一つだとも聞きました。

その昔は、三線は各家庭や祝の席など小さな集まりで披露されて来ましたが、現在はマイクを通して音を拾ったりと島唄を披露する場所が、ステージであったりと替わって来たのです。強く皮を貼ることが出来る人工皮の方が、鳴り響くという話だといいます。

とはいえ、好みの世界の話でもあるのも事実。一般の奄美三線の愛好家は、昔と同じように自宅などで三線をつま弾くことが圧倒的に多いでしょうから。

本皮の奄美三線は私自身も一度は手元に置きたいと思っています。

 

その他の違い

弦や太鼓以外でも細かく言うと棹の先の形や角度、棹の長さや胴の形が違うという方もいますし、沖縄のものと何にも変わらないという方もいます。

竿に塗りを施さないのが奄美三線だという話もありますが、私の手持ちの奄美三線は塗り有りの三線もあります。

特に沖縄の三線で棹の形だけでも7ツの型があったり、その容姿の違いも語られる事が多いですが奄美では棹の形云々という話は、まず耳にしません。

既に、奄美では奄美で作った三線を作っている工房はほぼなく、ほぼほぼ沖縄から入ってきているので、基本の型などは沖縄のそれに準じて色々と語ることが出来るのですが、これらは上達して行く過程で詳しい話を知る事となり、好みの三線にきっと出会うかと思います。

こちらもどうぞ >>> 奄美三線と沖縄三線のバチ

◆ 里朋樹オフィシャル 記

カテゴリー: 奄美の三線コラム | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--bpvs4el93c.com/difference.html/trackback