行きゅんにゃ加那 【里朋樹・歩寿】

数千あるとも言われる島唄の中、島唄を代表する曲が行きゅんにゃ加那かもしれません。

行きゅんにゃ加那節、行きゅんな加那節、行きゅんな加那、どれが正解かも判らない島唄らしいタイトルでもあります。

作詞・作曲者は不明で、数えきれない数の歌詞が存在し唄い継がれて来ました。朋樹が良くライブ中にエピソードとして話すのですが、今では奄美島内でも島唄を唄う子共達は減ってしまい、奄美大島の者にとっては大きな財産である島唄がこんな状況では途絶えてしまうと、学校で唄われる島唄として、行きゅんにゃ加那が唄われるようになりました。

奄美三線の入門曲としても良く練習されます。

男女の別れを歌ったという説や生者と死者の別れを歌ったという説、この動画で朋樹・歩寿の兄弟は故郷の奄美を出て行く若者の気持ちを唄っています。

◆ 里朋樹オフィシャル 記

カテゴリー: 奄美の島唄 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--bpvs4el93c.com/ikyunyakana.html/trackback