黒糖焼酎の飲み方

黒糖焼酎の歴史

黒糖焼酎

奄美では「お酒」と言えば黒糖焼酎です。甘い香りのする蒸留酒、シマコトバでは「せー」とか「すぇー」とかそんな感じで呼びます。

近頃は、コンビニでも「れんと」や「里の曙」みたいな銘柄のものが気軽に購入できるようになって、嬉しい限りです。

黒糖焼酎の歴史は奄美の歴史そのものだと言っても過言では無いはず。琉球王朝から薩摩藩による支配、アメリカによる支配によって、奄美の人々と共にそれぞれの時代を生き抜いて現在の黒糖焼酎があります。

黒糖焼酎は奄美諸島でしか製造が許されていない焼酎です。奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の5つの島なのですが、黒糖焼酎作りが何時からはじまったのかを特定出来る史料は見つかっておらず、原料であるサトウキビは400年程前に伝わって来たと言われる事から、400年の歴史がある、という話なのかもしれません。焼酎の製造方法はもっと以前、500年ほども前に、シャムから沖縄に伝えられその後奄美群島に伝来したそうです。

世界の蒸留酒の中で、糖類を原料とする酒類は「ラム」に該当し、本来の焼酎の概念とは違ったりします。そんな事はどうでも良いじゃないか、とはいかない理由に、かかる税金が違うんです。税金が高い=小売価格が高い、と言うとわかりやすいでしょう。奄美の黒糖焼酎は、米麹を使う条件で乙類焼酎とする特別の配慮があって今日に至ります。

黒糖焼酎の飲み方

黒糖焼酎の飲み方

飲み方としては、スッキリとして飲みやすい水割りが一般的でしょう。

お湯割りにすると甘い香りが広がって口当たりがまろやかになります。ロックにストレート、要は好みの飲み方なんでもOKと言うのが黒糖焼酎ですね。

最近は黒糖焼酎を使ったカクテルなんかも人気があるみたいで女性に人気みたいですが、個人的にはせっかくの黒糖の香りが飛んでしまって勿体無い気がするのですが。せっかくの糖質0に糖質加えなくてもとか、酒飲みの戯言ですね。

黒糖焼酎を飲む

黒糖焼酎をのむグラスやコップにもこだわりたいものです。黒糖焼酎を飲ませる奄美な店に行くと、琉球ガラスのグラスなどでのむ事がほとんどで、と書きながら、私も自宅ではそれらを愛用していたりもするんですが、黒糖焼酎に琉球ガラスは今ひとつ馴染めません。と言うのが、奄美大島の人間のこだわりです。

かと言って、ウイスキーを飲むグラスなどはもっと違うなと思ったりするのです。

奄美焼き、なるものを以前購入してお湯割りには使っていたりもしますが、これで水割りやロックはどうにもミスマッチ、奄美グラス、みたいな物が無いものかと何時も思います。

さーさ いもーれ 上がりんしょれ
今夜(よーね)や吾二人(わったり) 晩酌(だるやめ)しんしょろ
太陽(てぃだ)ぬ落ちれば 黒糖(くるざた)焼酎(せー)ぐゎ
昼や忘れて 旨(ま)く旨(ま)く飲もや
そーら ほいほい 旨(ま)く旨(ま)く飲もや

この「晩酌節」を聞くと、飲みたくなってしまいますね。

◆ 里朋樹オフィシャル 記

カテゴリー: 奄美の三線コラム | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--bpvs4el93c.com/kokutousyoutyu.html/trackback