里 歩寿(さと ありす)

里 歩寿(さと ありす)

1993年10月25日 鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋生まれ

最初に話した言葉が島唄だったと言う、朋樹の実妹である歩寿。島唄は何時も側にあった。それは大人になった今でも変わらない。

兄の朋樹の背中を追いかけて、見る見る上達。その若々しい伸びのある声で、2007年の「第28回奄美民謡大賞」少年の部・最優秀賞受賞を皮切りに、以後、数々の賞を手にする実力派として、若手の奄美の唄者を語る際に、歩寿の名前を見ない事はない。

2010年、高校2年生の時には「嘉徳なべ加那節」で奄美民謡大賞を受賞、これは同じ奄美大島瀬戸内町出身の元ちとせが、1996年に高校3年生の時に樹立した最年少受賞記録を更新し注目を浴びた。歩寿が残したこの記録は今も塗り替えられる事は無い。

現在は大阪の大学に通いながらイベントやライブハウス、奄美・沖縄の店などで島唄を唄い続けている。

カテゴリー: 朋樹のブログ日記 | Tags: , , コメント(1)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--bpvs4el93c.com/sato-alice.html/trackback