里 朋樹(さと ともき)

里 朋樹(さと ともき)

1990年6月6日 鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋生まれ

奄美島唄の唄者、故中野豊成のもとで島唄と三線に触れ、島の音楽は少年を魅了した。妹の歩寿(アリス)と二人、島唄と共に育った少年時代。

時は流れ、大阪の大学進学で島を離れたものの、関西一円のライブハウスや奄美、沖縄関連の店やイベントで唄を唄い続けている。

まだまだ故郷の唄者達には遠く及ばないと、試行錯誤の中、ひたむきに三線と唄に向き合う毎日。現在は故郷の奄美大島瀬戸内町に帰り唄い続けている。

カテゴリー: 奄美の三線コラム | Tags: , , コメント(2)

コメント

  • 沖縄では三線弾きのことをサンシンヒチャーと言いますね。奄美ではあまり聞きませんが。

    2017年1月4日 8:59 PM| 酒井正子

    • 奄美では、三線弾きを指す言葉は聞きませんね。「唄者」の一言ぜ全部ひっくるめている気がします。

      2017年1月31日 8:20 PM| 編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: https://xn--bpvs4el93c.com/sato-tomoki.html/trackback